思春期の子どもとの接し方

 

部活から帰ってご飯も食べてお風呂も入って
まだ寝たくない、でも退屈

ということで娘1号、背後にのしかかったきました。

 

↓以下、本日行われた親子の会話。

 

「なあなあ、おかーさん、何かおもしろい事言ってぇ~」

「おもしろい事?えーとね、あるところに真っ白な犬が…」

「もう!どーせまた″尾も白い″とかゆーんやろ!聞き飽きたわ!」

「じゃあ紙粘土でできた犬が…」

「尾、脆い(オモロイ)…じゃなくてぇ!最近の事とか」

「んーそうやねぇ…あ、知ってた?まつ毛にダニがいるって」

「えっ!?」

「何か皮膚にいるさいきんとの…」

「細菌ちゃうわ!″最も近い″って書くの!」

「それならアンタとオカンやないの!ほら今ピッタリくっついて」

「だーーーーっ!そうじゃなくて!もっと近代的な」

「ああそういえばマグロがさ」

「それは近大マグロでしょーーー!もぉぉぉーーっ!さっきから言ってることオヤジやん!」

「オモロかったやろ?」

「……ぜんぜん」

「気ぃ晴れた?」

「…うん」

お休みなさい♪また明日( *´艸`)

Pocket
Pocket
LINEで送る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です